【歯科衛生士が解説】オフィスホワイトニングの全て!効果・値段・正しい頻度と間隔

DENTAL

こんにちは、歯科衛生士・ママライターのミホです。歯科衛生士の経験をもとに、歯科をわかりやすく解説します。今回は「オフィスホワイトニング」についてです。

オフィスホワイトニングとは?

オフィスホワイトニングとは歯科医院で行うホワイトニングのことです。単に「ホワイトニング」と呼ばれることも多いですが、歯科医院で行うホワイトニングは、自宅で行う「ホームホワイトニング」と区別するためにこのような名前が付けられています。

ホームホワイトニングとの違いは後ほど詳しく解説しますが、オフィスホワイトニングはホームホワイトニングに比べて効果が高く即効性があります。なるべく早く確実に歯を白くしたい方にはオフィスホワイトニングがおすすめです。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

オフィスホワイトニングにはメリットがあればデメリットもあります。

メリット

  • 短時間で高い効果を感じられる
  • 歯科医師や歯科衛生士にお任せでOK

オフィスホワイトニングのメリットは、何より短時間で高い効果を得られる点でしょう。1時間ほどの施術を1回受けるだけで効果を感じられることも多いです。私もオフィスホワイトニングの経験がありますが、1回でかなり白くなりました。

またオフィスホワイトニングは、他の治療と同じく歯科医院へ行っていすに座っているだけでOK。ホームホワイトニングのように自分で何かする必要はありません。

デメリット

  • 痛みを感じたりしみたりすることがある
  • 比較的後戻りが起きやすい

オフィスホワイトニングのデメリットは、歯の状態によってはホワイトニング中に痛みを感じたりしみたりすることがあるという点です。これはオフィスホワイトニングで使用するホワイトニング剤の濃度が高いから。ホワイトニング剤の濃度が高い=ホワイトニング効果が高いということですが、その分代償も感じやすいということです。ホームホワイトニングにもこのような症状の出ることがありますが、比較的濃度の低い薬剤を使うためオフィスホワイトニングよりは症状が出にくいでしょう。

オフィスホワイトニングの効果について

オフィスホワイトニングの効果にまつわる以下のような疑問を解説します。

  • 効果を感じられる期間は?
  • 効果は何回目から感じられる?
  • 効果がないこともある?

効果を感じられる期間は?

オフィスホワイトニングをした後に、その効果が持続する期間はおよそ3〜6ヶ月とされています。この期間が終わると完全に元の色に戻ってしまうわけではありませんが、ホワイトニング直後の白さは無くなります。オフィスホワイトニング直後の白さを維持したければ、白さが失われてきたタイミングで定期的にホワイトニングを行うしかありません。ただオフィスホワイトニングは保険が効かないため、できる限り行う回数は減らしたいもの。なんとかしてホワイトニング効果を長持ちさせる方法は無いのでしょうか?

オフィスホワイトニング直後の効果をできるだけ長持ちさせるには、色の濃い食べ物や飲み物を避けたり、それらを口にした後はすぐに歯を磨いたりといった方法があります。ホワイトニング効果をうたった歯磨き粉を使うのも良いでしょう。ただ何ヶ月間も色の濃い食べ物・飲み物を避け続けるのは現実的でないため、ホワイトニング歯磨き粉と歯ブラシを持ち歩くことをおすすめします。また数ヶ月に1回くらいの間隔で歯科医院へ行き、クリーニングを受けるのも効果的です。これらを行なっても少なからず色戻りは起こってしまいますが、そのスピードを遅らせることができます。

効果は何回目から感じられる?

オフィスホワイトニングの効果は、1回で感じられることも多いです。もし1回目で感じられなくても2〜3回繰り返せば確実に効果を感じられます。なお効果の出方や感じ方には個人差がある上、元の歯の色に比べてどの程度まで白くしたいかによっても効果の感じ方は変わってくるでしょう。ただ共通して言えるのは、オフィスホワイトニングは濃度の高いホワイトニング剤を使うため比較的少ない回数で効果を感じられるということです。

効果がないこともある?

例えば市販のホワイトニング用歯磨き粉を使ったり、セルフホワイトニング・ホワイトニングサロンなどへ行ったりしても効果が無かったという方でも、オフィスホワイトニングでは歯を白くすることができます。これはオフィスホワイトニングで使用するホワイトニング剤は、市販のホワイトニング用歯磨き粉やセルフホワイトニングなどと成分が異なるから。歯科医院で行うオフィスホワイトニングでは、歯科医師や歯科衛生士という免許を持った人の下で行います。そのためより効果的で濃度の高いホワイトニング剤を使用することができるのです

また歯磨きやクリーニングをしっかりしておらず、歯垢や歯石が歯にこびり付いている場合はホワイトニング効果を感じにくいです。ただ歯科医院でオフィスホワイトニングを行う場合は、ホワイトニングを始める前にクリーニングを行うためそのような心配は無いでしょう。その他被せ物や詰め物に対してはホワイトニングを行なっても効果がありません。詰め物や被せ物も白くしたい場合は、ホワイトニングではなく外して作り直すしかありません。後ほど詳しく解説しますが、歯や体の状態によってはホワイトニング自体行えないこともあります

オフィスホワイトニングの値段相場

オフィスホワイトニングの値段相場は、1回あたり数千円で済むこともあれば50000円ほどかかることもあります。これはホワイトニングという施術は保険が効かないゆえ、歯科医院によって独自の料金設定を行なっているからです。

とはいえなぜこのまで値段に差が出るのでしょうか?歯科医院のオフィスホワイトニングの値段は、以下のような項目によって決まります。

  • ホワイトニング剤の種類
  • ホワイトニングに使用する機材の種類
  • ホワイトニングのための設備の充実度

どのようなホワイトニング剤を使うか、どのような機材・設備を導入するかは歯科医院によって異なります。例えば海外製のホワイトニング剤は高い効果を感じられますが、国内製のものより仕入れるのに費用がかかります。またオフィスホワイトニングで使用する光照射器も、さまざまなメーカーから幅広い価格帯で販売されています。そのためこのような値段差が生まれてしまうのです。

オフィスホワイトニングの頻度

オフィスホワイトニングは、1週間に1回くらいを目安に行います。そのため初めのうちはオフィスホワイトニングを1週間に1回、3〜4回行い、トータルしておよそ1ヶ月くらいかかると言えます。「もっと短期間で歯を白くしたい」という方は、デュアルホワイトニングや歯のマニキュアなどといった方法もあるため歯科医院で相談してみましょう。

なお歯の白さが満足のいくものになった後は、2〜3ヶ月に1回くらいの頻度で歯科医院へ行きクリーニングを受けると、ホワイトニング直後の白さを長く維持することができます。オフィスホワイトニングが終わった後正しいケアを行わないでいると、食習慣や生活習慣によりすぐに歯の色が元に戻ってしまいます。特に喫煙習慣のある方は、オフィスホワイトニングをしてもすぐに着色してしまう可能性が高いです。

オフィスホワイトニングができない人・できない歯

オフィスホワイトニングは短期間で歯を白くでき魅力的ですが、歯や体の状態によっては受けられないことがあります

オフィスホワイトニングができない歯

  • 詰め物・被せ物
  • ヒビが入った歯
  • 形成不全のある歯
  • テトラサイクリン歯
  • むし歯・歯周病がある場合

オフィスホワイトニングができない人

  • 無カタラーゼ症の方
  • 妊娠・授乳中の方

詰め物・被せ物

先述の通り、詰め物・被せ物はオフィスホワイトニングを行なっても効果がありません。ホワイトニング剤は人工の歯ではなく天然の歯に対して効果を発揮するため、詰め物・被せ物に対してはそもそもホワイトニングを行えないとする歯科医院がほとんどです。なお元々の自分の歯に対してホワイトニングを行い、既に入っている詰め物・被せ物の色をそれに合わせて白くしたいという場合は、詰め物・被せ物を外して作り直すしかありません

ヒビが入った歯

歯にヒビが入っている場合、ヒビの部分からホワイトニング剤が内部に入り込み強くしみることがあります。そのため「この歯はヒビが入っているためホワイトニングできません」と言われることも。とても小さなヒビであれば、ホワイトニングできることが多いです。

形成不全のある歯

形成不全とは、文字通り完全に形作られていない状態のこと。歯の表面にあるエナメル質の形成不全や、その内側にある象牙質の形成不全などがあります。形成不全があると、オフィスホワイトニングで使用したホワイトニング剤が通常より浸透しすぎることで、強くしみたり痛みを感じたりする可能性があります。また形成不全によりホワイトニング効果を感じにくいこともあるため、カウンセリングの時点で「ホワイトニングできない」とされることがほとんどでしょう

歯の形成不全は、エナメル質や象牙質が作られる時期になんらかの影響を受けることにより起こります。形成不全の原因となる時期はお腹の中にいる頃や生後まもない頃で、乳歯のむし歯を放置したことで永久歯が形成不全になることもあります。なお形成不全のある歯はホワイトニングできませんが、セラミックの被せ物などを被せることで歯を白くすることができます

テトラサイクリン歯

テトラサイクリン歯とは、歯が灰色っぽかったりしま模様が入っていたりする歯です。テトラサイクリン系抗生物質の服用により出る症状であるため「テトラサイクリン歯」と呼ばれています。歯が作られる幼少期に摂取することで起こると言われ、このような副作用が報告されてから妊婦や幼児へのテトラサイクリン系抗生物質の使用は控えられています。なお歯が完全に生えてからであれば、テトラサイクリン系抗生物質を摂取してもこのような症状は出ません。

テトラサイクリン系抗生物質にはミノサイクリン、オキシテトラサイクリンなどさまざまな種類があります。歯に着色が起こることは共通していますが、どの種類を服用していたかによって着色の色が若干異なります。いずれにせよオフィスホワイトニングで効果が出るかどうかは着色の程度によるため歯科医院で相談してみましょう。テトラサイクリン歯の症状が強く着色も重度である場合は、オフィスホワイトニングで効果を感じられなかったり白くなってもムラが出やすかったりするため、セラミックの被せ物などを勧められることもあります。

むし歯・歯周病がある場合

結論から言うと、むし歯や歯周病があってもオフィスホワイトニングは行えます。しかし歯科医院では、オフィスホワイトニングを希望してもむし歯や歯周病治療を優先されます。これはオフィスホワイトニングが「見た目を良くするための治療」であるのに対し、むし歯や歯周病治療は「病気を治すための治療」だからです。むし歯や歯周病は健康を害するものであり、見た目を良くするためのオフィスホワイトニングよりも優先して対応すべきものです。

むし歯や歯周病治療は、多くの場合1回では終わりません。数週間〜数ヶ月かかることも多く、オフィスホワイトニングの実施がかなり先になってしまうことも。どうしてもむし歯や歯周病治療よりもホワイトニングを優先したい理由がある場合は、歯科医院によっては相談すれば対応してくれるかもしれませんね。ただホワイトニング剤が強くしみたり痛みが出たりする可能性があるため注意が必要です

無カタラーゼ症の方

オフィスホワイトニングの薬剤には過酸化水素が含まれています。過酸化水素は歯を白くするのに役立つ成分ですが、高濃度のものが皮膚に触れると痛みを感じるなど弊害もあるため慎重に扱わなければいけません。ただ健康な方であれば「カタラーゼ」という酵素が体内にあるため、オフィスホワイトニングにより過酸化水素が体内に取り込まれても問題無いことがほとんどです。カタラーゼとは体に入った過酸化水素を分解し、酸素や水に変えてくれる酵素です。

しかし無カタラーゼ症の方はこの「カタラーゼ」という酵素が体内に不足しているため、過酸化水素が体内に取り込まれたとき正しく分解することができません。無カタラーゼ症は先天的な遺伝子疾患であり、血液に過酸化水素を垂らすことでも判断ができます。カタラーゼが体内にあれば、血液に過酸化水素が触れると酸素や水に分解されるため触れた部分が泡立ちます。しかし無カタラーゼ症の方は分解が起こらないので泡立ちません

そのためオフィスホワイトニングを含む歯科医院のホワイトニングは、安全面から無カタラーゼ症の方は受けることができません。無カタラーゼ症の方はセラミックの被せ物などを使えば歯を白くすることができます。

妊娠・授乳中の方

妊娠・授乳中の方は、基本的にオフィスホワイトニング含む歯科医院のホワイトニングを受けられません。これはオフィスホワイトニングに使用するホワイトニング剤の成分が、赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす可能性があるからです。妊娠・授乳中の方がホワイトニングを受けると赤ちゃんに影響が出ると証明されているわけではありませんが、解明されていない部分であるため「念のため行わない」とする歯科医院がほとんどです

妊娠・授乳中に歯を白くしたい場合は、ホワイトニングではなくセラミックの被せ物や歯のマニキュアなどを使用すると良いでしょう。妊娠中は歯科治療時の体勢変化や長時間同じ姿勢でいることで、具合が悪くなることもあります。オフィスホワイトニングを含むホワイトニングや歯科治療は、妊娠5ヶ月ごろの安定期に入ってから受けることをおすすめします。なおお腹が大きくなってくると座っているだけでもきつかったり、内臓が圧迫されることで体調を崩しやすかったりするため、妊娠前に治療を済ませておくのがベストです

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違い

歯科医院のホワイトニングには、オフィスホワイトニングだけでなく「ホームホワイトニング」という方法もあります。またオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせた「デュアルホワイトニング」という方法もあります。これらはやり方や効果、値段、期間などに大きな差があるため違いを理解しておくと良いでしょう。

それぞれの違いは以下で解説しています。

(準備中)

DENTAL

Posted by miho