【還暦】還暦祝い、赤いちゃんちゃんこ以外のおすすめ5選!

LIFE

そもそも還暦とは?

還暦祝いのタイミング

 

✔︎還暦とは

✔︎還暦祝いをするタイミング

についてはこちらで詳しく書いています。

 

 

還暦祝いの「赤いちゃんちゃんこ」とは

 

ちゃんちゃんこ」=赤ちゃんが産まれた時に着せられる「産着

 

 

昔、赤色は魔除けの色して使われていました。赤ちゃんが産まれたら、無事に育つようにという祈りを込めて、魔除けの赤色が使われたちゃんちゃんこを着せていました。

 

 

 

こちらで説明しているように、人間は生まれてから60年経つと「生まれたときと同じ暦に還る」=「赤ちゃんの頃に戻るとされています。このことから、これからも元気で長生きしますようにという祈りを込めて、還暦の時には赤いちゃんちゃんこを着せるようになったのです。

 

 

 

還暦でちゃんちゃんこ以外のアイディア

 

そうは言っても、例えば職場で上司の還暦を祝うときであったり、父親の還暦祝いだとしてもちゃんちゃんこのレンタルや手配が大変・・・また、昔は長寿の祝いとされていましたが、今は還暦といってもまだまだ現役で働く方が多くいらっしゃいます。

 

 

 

そんな現在は、ちゃんちゃんこを着せられると「恥ずかしい」、「老人になった気分になる」という意見も多く、ちゃんちゃんこ以外を贈る方が喜ばれることもしばしば

 

 

やっぱり王道のちゃんちゃんこを着せるのか、ちゃんちゃんこ以外のギフトを贈るのか、還暦を迎えられる方の性格や希望を考慮して決めましょう。

 

 

 

還暦祝いで赤いちゃんちゃんこ以外のアイディア

 ①赤い服(Tシャツなど)

 ②赤いネクタイ

 ③赤いグラス

 ④赤いプリザーブドフラワー

 ⑤旅行

 

赤いちゃんちゃんこ以外を贈るとなっても、物がちゃんちゃんこでなくなっただけで、より実用性の高い・これからもずっと使っていける「赤い○○」を贈ることが多いようです。

 


プレゼントと併せて贈りたい、メッセージの書き方・文例集はこちら
【還暦祝い】メッセージの書き方・文例集(父親・母親・上司)

 

①赤いファッショングッズ

 

父親・・・赤いネクタイ、ゴルフ用品など赤い趣味グッズ

母親・・・赤いスカーフ、赤いバッグ

 

 

 

などが挙げられます。ネクタイ仕事を労う気持ちこれからも頑張ってねという気持ちを表すことができますね。また家族や親戚たちからのメッセージ入り赤Tシャツというのも良いでしょう。普段使いは難しいかもしれませんが、還暦は家族にとってイベントでもあるので、インパクトのある物を贈りみんなで楽しくお祝いするのも楽しみ方の一つです。

 

 

②赤い食器類

 

赤いデザインのお皿や赤いグラスなど、食器類は喜ばれることが多いです。何より好みが分かれにくく、実用性が高いから。お酒をよく飲む父親には赤いロックグラスを、料理好きな母には赤いお皿を贈っても良いでしょう。

 

 

 

ご両親が同い年の場合は、赤いペアグラスなどペア食器を贈っても喜ばれるでしょう。

 

 

③赤ワイン

 

ワイン好きのご両親にピッタリ。なかなか手が出ない高級ワインを贈っても良し、名前・日付入りワインを贈っても良し。ボトルに「還暦」という文字が入っていたり、似顔絵を入れたりすれば、飲み終わっても思い出として残すことができます

 

 

 

赤ワインだけでさみしいようであれば、先ほどの赤いグラス(ワイングラス)を添えて贈っても良いかもしれません。

 

 

④赤い花束・プリザーブドフラワー

 

プリザーブドフラワー、あるいは60本(60歳)の赤い花束でも良いでしょう。ただ、生花は美しいですが日持ちがしないですよね。せっかくプレゼントで贈ってもすぐに枯れてしまっては、ご両親も悲しむことでしょう。それを変えたのがプリザーブドフラワーです。

 

 

 

プリザーブドフラワーは、生花の一番美しい時期に特殊な加工をし、長持ちするようにしたものです。枯れることがなく水やりの必要もありません。プリザーブドフラワーは正しく保管すれば数年間美しさを保つことが可能です。生花よりもしっかりと思い出に残りますね。

 

 

⑤旅行

 

「物」ではなく旅行を贈るも良いでしょう。私の父も、祖父に対して温泉旅行を贈っていました。その時は赤いちゃんちゃんこも祖父に着せたのを覚えています。

 

 

 

温泉旅館によっては「還暦祝いプラン」を用意しているところも多く見かけます。還暦祝いに合った食事をいただき、みんなで酒をかわしながら楽しむのも良いでしょう。物を贈るよりも少し費用はかかってしまいますが、ゆっくりお祝いすることができるので、予定が合わせられるのであれば一番おすすめです。

 

 

LIFE

Posted by miho